「ミラクリ」は育成クリエイターが制作する、
起業・開業を支援する格安ホームページ制作のサービスです。

MENU

『格安』なのに、
どうして損する?

この記事にご興味を持たれた方は、「ホームページをできるだけ安く作りたい」と考えていらっしゃるのではないでしょうか?
今回は、『格安ホームページ』がどうして『格安』にできるのか?という裏側をつまびらかにしたいと思います。
「価格よりも満足できるホームページを作りたい」という方にも、制作業者選びのヒントになる情報ですよ。

さて、前置きが長くなりましたが、見出しの『格安』なのにどうして損をしてしまうのか?ということについてお話しますね。

確かに安くホームページが作れたけど、
作ったホームページが全く機能していない。
ホームページを作る際には何かしらの目的があるはず。いくら費用を抑えても、その目的が達成できなければ、費用を無駄にしたことになってしまいます。
安くホームページを作ったけれど、
思ったようにできなくて、結局作り直す。
パターン1にも書いたように、目的が達成できないホームページは、場合によっては会社の印象を下げてしまうこともあります。その場合、さらに費用をかけてホームページを作り直さなくてはいけなくなります。
格安のはずだったのに、
冷静に考えたら
安くなかった!
目的のホームページに近付けるために、追加や修正によって費用が増えていくことがあります。また、一見格安に見えても、実は格安でないというケースもあります。これについては、後程詳しく説明しますね。

そもそも、
ホームページは必要なのか?

必要だと思います。
これは、私が制作業者だから、必要だと言っているわけではありませんよ。
今は、ほとんどどの会社でもパソコン(インターネット)を利用しています。個人についても、スマートフォンの普及によって、いつでもどこでもインターネットが使えるようになりました。そのため、

  • 気になる商品があればインターネットで調べてから買う。
  • 求人に応募する前には、その会社についてインターネットで調べる。
  • 取引をしようか検討するときには、まずはインターネットでその会社をチェックする

など、とにかく気軽にインターネット検索をしています。
つまり、会社としては、そうしたユーザーに検索してもらえるホームページを公開して、企業情報や商品PRなどを行うことが必要不可欠な時代になっているということです。
いまや、ホームページは企業の顔と言っても過言ではありません。

この記事を読んでいる方は、

  • 今のホームページの情報は古いからリニューアルして魅力のあるものに変えたい
  • 会社を設立したから、ホームページで会社PRをしたい
  • 最近、ホームページがないのか聞かれることが多い
  • 新商品をきちんとPRできる場を作りたい

だけど…

できるだけホームページの制作費用を抑えたいんだけどどうすればいいんだろう

あまり予算を掛けられないけど、
みすぼらしいホームページは嫌だ

ホームページ制作会社がたくさんあって、どこに頼めばいいのか分からない

などと
悩んでいらっしゃるかもしれませんね。

ホームページ制作業者選びで
失敗するとどうなる?

ホームページの制作業者はたくさんあります。
その中で、どこを選べば良いのか悩むのは当然だと思います。
さらに、制作業者によって、その制作費用はまちまちなので、さらに迷ってしまいますよね。

  • 『格安』には何か裏があるんじゃないの?
  • 『格安』は、質の低いホームページしか作れないんじゃないの?

と思ってしまうかもしれません。
これは、正解であり、
不正解です。

  • 『格安』にするために、原価を抑える仕組みがあります。
  • すべての格安ホームページ制作会社の質が悪いわけではありません。
  • 『格安』をうたった悪質なホームページ制作業者も存在します。

ホームページ制作業者選びに
失敗すると・・・

  • イメージしていたものと違う
  • もっとこうしてほしいという要望を聞いてもらえない
  • やりたいと思っていたことができなかった
  • 制作費は安かったはずなのに、結果的に高くなった

ということが起こりかねません。
ですから、ホームページ制作会社選びを運に任せるようなことはしないでくださいね。

失敗しない
ホームページ制作会社選びのために

ホームページ制作費用の相場を知ろう!

ホームページの制作費用の内訳を知ろう!

格安のカラクリを知ろう!

ホームページ制作費用の
相場を知ろう!

ホームページの制作を依頼するために、まずは相場を知っておくことが必要です。

通常、ホームページ制作にかかる費用は、20万円~で、100万円を超えるケースもあります。
制作費用の幅が大きいのは、ホームページに利用するプログラムや、コンテンツ制作、ホームページ全体のボリュームなどが、それぞれに違うためです。これでは、相場がよく分からないと思いますので、同条件で比較してみましょう。

この価格を見ると、「一般的なホームページ制作業者」と「格安ホームページ制作業者」でどうしてこんなに価格が違うの?と思いますよね。

当然、何もせずに格安にすることはできません。
そして、格安にするための仕組みにこそ、失敗しないホームページ制作業者選びのヒントがあります。

ホームページの制作費用の
内訳を知ろう!

次に知っていただきたいのは、ホームページ制作における原価とは何か?です。
実は、原価のほぼ100%が『人』です。つまり人件費ですね。
有料画像や有料サービスなどを使用する場合もありますが、それは、制作するホームページのタイプによって発生するオプション費用のようなものです。

さて、その人件費をさらに詳しく見ていくと・ディレクター・デザイナー・エンジニアという3種類の人件費に分けられます。

デザイナー
ディレクターが作った企画や設計を元にして、ホームページのイメージをデザインする役割です。
主にビジュアル面を担当します。
ディレクター
主にお客様の窓口となり、ホームページの企画や設計、制作の進行管理を行う役割です。
エンジニア
デザイナーが作ったデザインのコーディング(ホームページ用のデータにすること)プログラミング、サーバの管理や設計をする役割です。

※大規模なホームページ制作の場合、このほかにプロデューサーが加わることもあります。

ホームページ制作の場合、『格安』を実現するためには、『原価』を抑えるしかありません。
つまり「ホームページ制作にかかる人件費を削減する」ことによって『格安』サービスを提供しているのです。

では、どのように人件費を削減して格安サービスを提供しているのかを見ていきましょう。

格安のカラクリを知ろう!

実は、人件費を削っていません!

『初期費用0円!』や相場よりも極端に安い金額で提供している場合、制作費以外の部分で費用を請求することがあります。
先に説明したとおり、ホームページの制作には複数の人材が関わります。ですから、無料でホームページを制作することは不可能です。
それでは、どのようにしているのか?というと、毎月数万円の「運営費」が必要です。といったように別の名目で費用を請求します。さらに、「〇年間は解約不可」という縛りも付帯されることがあります。
月々2万円で5年契約の場合
2万 × 12カ月 × 5年 = 総額1,200,000円
となり、初期費用がゼロでも実質的に大きな支払いになることがあります。
この金額は、単純に初期制作費だけではなく、月々のメンテナンス費用も含まれます。どれくらいの更新が可能なのか?やリニューアルへの対応条件などから、総合的に判断する必要があります。
なお、制作会社によって「運営費」ではなく「管理費」「保守費用」「広告費」「リース代」など様々な表現があります。

技術者が身を削っている!

制作費を安くするためには人件費を抑える必要があります。そのため、スタッフの給与を低く設定することで人件費を抑えているケースがあります。
制作者も人間です。あまりに低い対価で、長く頑張ることは難しいでしょう。
こうした場合、人の入れ替りが激しく、社内に制作ノウハウが蓄積しない。作業に手抜きが多い。技術者のレベルが向上しない。などが考えられます。

ディレクターの工数を削っている!

人件費削減の中でも「ディレクターの工数を削る」ことが最も危険なパターンだと思います。
ディレクターの工数を削るということは、お客様との窓口となり、要望を聞いて制作担当者に指示を出す立場の人員が不在だということです。
そのため、次のようなことが起こる可能性が大きくなります。
・ホームページ(サイト)の設計ができない → 成果の出るホームページが作れない。
・プロジェクト管理ができない → いつまで経っても納品されない。納期が大幅に遅れる。
・打ち合わせがあまりない(修正できない) → 納得ができないままホームページの制作が終了する。

このような場合、ホームページ制作会社は、
「デザイン変更は1回までです」
「打ち合わせは基本的にメールで行います」
というような制限を設けている場合が多いです。
営業の段階では「一発でバシッといいサイトを作ります!」「メールでも充分にやり取りができます!」などと言われるかもしれません。

見極めキーワード
打ち合わせはメールで , 修正は1回のみ

※ディレクターがいても修正回数制限を設けている制作会社もあります。その場合、工程ごとに複数回で設定されていることがほとんどです。(これは、90%以上完成した段階で0から作り直すことを回避するための条件。お客様都合で設定を越えて修正が必要になる場合は、追加費用が発生することもありますが、修正には対応します)

デザイナーの工数を削っている!

デザイナーの工数を削るためには、デザインをしないという方法しかありません。
そのため、あらかじめ制作してあるデザインテンプレートを使いまわします。

もちろん、かっこいいデザインテンプレートも存在します。
しかし、「サンプルテンプレートに使用している写真や素材画像がかっこいいから、かっこいいホームページに見える」ということが多いので注意が必要です。
そのため、実際に自社の素材に入れ替えたら、想像していたイメージと違うということもあり得ます。

また、テンプレートを利用するため、「デザインの変更ができません」という条件になっていることがほとんどです。

見極めキーワード
テンプレートからお選びください , デザインの変更はできません

エンジニアの工数を削っている!

エンジニアの工数を削るとは、開発をしないということです。
つまり、あらかじめできているテンプレートに文字と写真を当てはめるだけというケースです。

そのため、融通の利かないテンプレートに悩まされる可能性があります。

見極めキーワード
テンプレートからお選びください , 変更はできません

その他

デザイナーがディレクターを兼任する。ひとりでディレクター、デザイナー、エンジニアをこなす。といったケースです。
これは、フリーランスや小規模オフィスに多いパターンです。
この場合、制作ができる人員が限られているため、制作期間が長くなる、急なトラブルに対応できないということが考えられます。

ホームページ制作会社の
賢い選び方!

格安ホームページ会社のカラクリをつまびらかにしましたが、格安ホームページ会社がダメだというわけではありません。

例えば、テンプレートを使用する場合でも、ご自身が作りたいホームページにマッチしたものがあれば、安くまた早く制作することができます。
ただし、ご自身の作りたいホームページをきちんと作り上げるために、どの部分で経費が削減されているのか?
それは許容できる範囲なのか? などをしっかりと吟味するようにしましょう。

1

実績を確認する

その制作会社がどのようなホームページを構築した経験があるのかを確認してください。実績のしっかりしている会社ほど、ホームページで実績を公開している場合が多く見られます。
※実績が少ないため、格安でホームページ制作を請け負うケースもあります。

実績を確認するときには、掲載されている情報が新しいか?という点に注目してください。古い情報しかない場合、その制作会社には新しい技術での制作ノウハウがない可能性があります。
また、実績サイトのサムネイルだけではなく、紹介されているホームページが現在どうなっているかも確認しておくようにしましょう。

2

予算を決めておく

ホームページ制作には、企画・提案からカメラ撮影、原稿作成などお金をかけはじめたらきりがありません。
費用をかけることでアクセス数や集客・お問い合わせが増える可能性はあります。しかし、高い費用を払って効果が出ないケースもありますし、逆に安い費用でも効果が出るホームページもあります。
ホームページ制作の相場や作りたいホームページのイメージから、大体の予算を決めておきましょう。
その中で、例えばビジュアルにこだわって訴求力を上げたいから、写真撮影はプロに頼みたい、などを検討していけばいいでしょう。

要チェック!新しい
『格安ホームページ制作』のカラクリ!

『格安ホームページ制作』がどのように『格安』を実現しているのか、じっくりと説明させていただきました。
実は、上記で説明した方法以外の新しい方法で『格安』を実現したホームページ制作があるのをご存じですか?
それが ミラクリ です。

説明した通り、ホームページを格安で提供するためには人件費を抑えるしかありません。
しかし、そうするとどこかで品質を犠牲にしなければいけなくなります。
そこで ミラクリ では、

「お客様に品質の高いホームページを低価格で提供する方法はないか?」
「制作に携わるスタッフが疲弊せずに取り組める方法はないか?」

と考えました。
そして出した答えが、

という仕組みです。
※クリエイターは制作のみに集中し、その他の工程はすべてRunLandが対応しております。

育成クリエイターはRunLandが審査した一定のレベルのクリエイターですので、品質が落ちることはありません。
また、ホームページ制作のプロ集団であるRunLandが監修することで品質を保証しています。

一方の育成クリエイターは、「実績が欲しい」「空いている時間に作業がしたい」という理由から費用を抑えて制作を受けています。

お客様は、品質の高いホームページを格安で依頼することができます。
クリエイターは、RunLandの監修によって安心して仕事を請けられ、また経験を積むことでさらに技術力を高めて一流のクリエイターを目指すことができます。

格安でホームページを制作したいと考えているのなら、ぜひミラクリも選択肢の一つとしてご検討ください。

ミラクリで
ホームページを
つくりませんか?