【起業・独立支援】フリーランス・SOHO・個人事業・副業・在宅ワーク 
品質の高いホームページ案件・WEB 案件のお仕事

【起業・独立支援】フリーランス・SOHO・個人事業主・副業・在宅ワーク 品質の高いホームページ案件・WEB 案件のお仕事

お役立ちコラム

品質の高いホームページ案件・WEB案件のお仕事TOPお役立ちコラム事務処理の面倒事や節税対策は会計ソフトで解決できます!

WEBクリエーターに役立つ情報をお届け

事務処理の面倒事や節税対策は会計ソフトで解決できます!

フリーランスは個人事業主となるため、本来の業務に加え事務処理も発生します。
この事務処理を怠ると、お金の流れが分からなくなったり、確定申告の際に慌てることになります。
事務に要する時間や出費の節約をするため、会計ソフトを活用しましょう。

今回は、会計ソフトを導入することで、どのようなメリットがあるのかをご紹介します。

1.会計ソフトを活かせるケース

【確定申告の際に青色申告を行う場合】
白色申告は、必要な項目について記帳できていれば複式簿記のルールに従うことなく、白色申告の記帳を行うことができます。
一方、青色申告は簡易簿記ではなく複式簿記での記帳が必要となります。

簿記の記帳は知識が必要だったり、手作業で複式簿記による記帳を行うのは手間がかかります。
会計ソフトを利用すれば、事務処理に充てる時間を短縮でき、専門の知識が無くても簡単に記帳、青色申告ができます。


【事務処理に苦手意識がある場合】
事務処理に苦手意識がある場合、会計ソフトを導入するメリットは大きいです。

オススメなのは、事前に、事業用の銀行口座、事業用のクレジットカードを用意しておくことです。
ITフリーランスの場合、銀行口座は主に報酬の入金や経費の引き落としなどに使用しますし、クレジットカードは、クラウドサービスの支払いやソフトの購入、サブスクリプション等はクレジット決済が主なので事業用に用意しておくと良いです。

事業用の口座・カードといっても、私的に使うものと、事業で使うものに別けておけば良いのです。
私的なものと事業用のものと混同すると、事務作業が増えたり、お金の流れが分からなくなり混乱を招きます。

事業用に用意した口座・クレジットカードを会計ソフトに連携させることで記帳漏れを防いだり、クラウド型の会計ソフトであれば、AIを活用した会計ソフトのサービスもあるので、記帳の際の勘定科目などを自動記帳・自動仕訳できたりします。
自動記帳については、定期的に自動記帳された内容が合っているかを必ず確認する習慣を身につけましょう。

【事務処理の時間を節約したい場合】
事務処理は、小規模であっても時間を要します。
簿記の知識が無ければ、更に時間を要するでしょう。
その点、会計ソフトには知識がなくても自動記帳・自動仕訳機能できる機能があるため事務業務に割く時間を節約できます。

2.会計ソフトの種類

会計ソフトには、『クラウド型』と『インストール型』があります。
どのように選ぶのがベストなのかは、以下のことを参考にしてみてください。

尚、多くの会計ソフトメーカーでは、無料の試用期間があります。
いくつか試用してから、自分にもっとも向いている会計ソフトを選びましょう。

【クラウド型】
インターネット環境が整っており、PCやスマホなどデバイスを気にせず利用したい場合、クラウド型がオススメです。
インターネット上のサービスを利用するため、バージョンアップを気にする必要はなく、常に最新の状態にアップデートされたソフトを利用できます。
契約し、使用している期間は、月額料金、または年額料金を支払うことで利用できます。

【インストール型】
オフラインで利用したい場合は、インストール型を選択すると良いです。
パッケージで購入し、PCにインストールすることで使用できます。
クラウド型のように定期的に料金が発生しないので、新たに発生する料金の心配は基本的に不要となります。
安全に使用するには、ソフトのバージョンアップを定期的に行う必要があります。

3.会計ソフトを利用することで出来る業務

フリーランスの事務処理の場合、これらの業務が挙げられます。
・会計業務
・見積書の発行
・請求書の発行
・経費の管理
・確定申告手続き
etc...

これら、事務業務の処理を1つのメーカーに絞れば、請求書、経費のデータも連携できるサービスもあります。