フリーランス・SOHO・個人事業主・副業・在宅ワーク 
品質の高いホームページ案件・WEB 案件のお仕事

フリーランス・SOHO・個人事業主・副業・在宅ワーク 品質の高いホームページ案件・WEB 案件のお仕事

お役立ちコラム

WEBクリエーターに役立つ情報をお届け

フリーランスは独自ドメインは必要?

フリーランスであるのであれば、独自ドメインは取得、活用できた方が有利です。
信頼度をUPさせたり、取引先へのアピールになります。

1.そもそもドメインって何?

ドメインはインターネット上での住所のようなもので、ホームページのアドレスやメールアドレスで使用されます。
ドメインはそれぞれ固有のものであり、同じものは二つとないたった一つのものです。
一般的にホームページのアドレスを表すのに下のように表記されますが、正確には「○○○.jp」の部分がドメインといい、「www」部分はホスト名といいます。

挿絵画像の① ホスト名を表し、webサーバであるという意味で一般的に使われています。
挿絵画像の② 希望する名前を選べる部分です。
挿絵画像の③ ドメインの種類を表しています。

2.独自ドメインとは?

.comや.netなど様々なドメイン名があり、年間の更新費用を支払っている限り、取得した人が継続して利用することができます。
言い換えれば、インターネット上の住所を年間契約で借り上げていることになります。


・独自ドメインにかかる費用は?
 ドメイン取得にかかる費用は年間千円程度です。
 また、自分でドメインを取得する場合、URLのほかにもファイルを収容しておくレンタルサーバーが必要になります。
 両方合わせても年間2500円~5000円程度の費用でサイトを運営することが可能です。

・さっそく独自ドメインを取得しましょう!
 『すでにある名前と同じものはつけられません。』
 まずは自分が付けたいドメイン名が現時点で利用されていないかを調べます。

利用できるドメインを調べるツールは、たくさん存在しますが、
代表的な、WHOIS検索(http://tech-unlimited.com/whois.html)がおすすめです。

3.ドメイン名のつけ方

まず、「.jp」に当たる部分を、いくつかの候補から選ばなければなりません。
「.jp」や「.com」の部分を、TLD(トップレベルドメイン)と言います。
「.jp」は、日本に住んでいる人しか取得できないというようなルールがあったり、TLDによって取得条件は変わります。
最近は、gTLD(ジェネリックトップレベルドメイン)といった、その業種や目的に沿ったものも出てきています。

【TLDによって取得条件の一例】
.com
無制限。
特徴:企業や商用サービスを表すが、一般的な企業や個人が使用するなど幅広く使用されている。
.net
無制限。
特徴:主にネットワークサービス
.info
無制限。
特徴:主に情報発信
.biz
無制限。
特徴:商用利用、ビジネス
.co.jp
1ドメイン1組織。
特徴:営利法人用。株式会社などの一般的な会社組織用。

----------------------------------------------------------------------------------------------

もう1つ、「そもそもドメインって何?」の②にあたる、希望する名前を選べる部分を決めます。

決め方は、屋号があれば、屋号をおすすめします。
屋号が無ければ、仕事の内容が分かる名前などが良いでしょう。
基本的に半角英語を指定するのですが、日本語のドメインなども取得が可能です。

長い名前はユーザーの第一印象を悪くしますので、10文字程度の短いものにしましょう。

ドメイン名を付ける際に使用する区切りとして、ハイフン(-)やアンダースコア(_)を使うことがあるかもしれません。
そういう時は、ハイフン(-)を使いましょう!
Googleが、ハイフン(-)を推奨していることが理由です。

4.ドメイン代理店を選ぶ

TLDは、ものによって管理会社が違います。
独自ドメインを取りたい場合は、欲しいTLDを決め、そのTLDを扱っている代理店から購入します。
かぶりないドメイン名を見つけたら、そのドメイン名のTLDを扱っている代理店を選ぶという流れです。

ネット検索で「ドメイン 取得」などのワードで検索結果に代理店が反映されますが、
代表的な代理店は、以下の通りです。

お名前.com(https://www.onamae.com/)
サクラ インターネット(https://domain.sakura.ad.jp/)
ロリポップ(https://lolipop.jp/)
etc…

5.ドメイン購入手続きをする

独自ドメインと代理店が決まったら、購入手続きに入ります。

また契約に必要な金額や、更新時の金額は、代理店によって異なります。
様々な代理店を見比べて確認しておきましょう。

6.まとめ

独自ドメインの取得によって、仕事用のアドレスを用意したり、仕事の幅を広げる手段の1つとしてホームページを開設したりと、フリーランスとしての幅を広げてみましょう!