フリーランス・SOHO・個人事業主・副業・在宅ワーク 
品質の高いホームページ案件・WEB 案件のお仕事

フリーランス・SOHO・個人事業主・副業・在宅ワーク 品質の高いホームページ案件・WEB 案件のお仕事

お役立ちコラム

品質の高いホームページ案件・WEB案件のお仕事TOPお役立ちコラムフリーランスは仕事用メールアドレスは必要?

WEBクリエーターに役立つ情報をお届け

フリーランスは仕事用メールアドレスは必要?

私が、フリーランスとして仕事をしていく上で、仕事専用のメールアドレスは必要かと聞かれれば、答えは『必要』と答えます。
なぜ、必要だと答えるのか紹介します。

1.信頼度が上がります

仕事において信頼は、フリーランスに限らず大切なことです。
メールアドレスは、かけるべき事にお金をかける姿勢が伝わりやすい部分でもあります。
分かる人には、確りとしている人物だと印象付けることができるでしょう。

2.メールアドレスはプライベートと分けましょう

個人用と仕事用で分ける事により、必要なメールや取引先との連絡内容を見逃すというミスが軽減できます。
メールを送り間違えるリスクも少なくできます。
プライベートのメールと混在しないように仕事用のメールアドレスを作るべきです。

3.Gmailなど無料メールアドレスは控えること

Gmailなどはアカウント作成もしやすく、他のGoogleサービスとも連携しやすいことから、使用している人は多いと思います。
でも、盲点があります。
どのような人でも、手軽に複数作成できるという特徴があることから信頼度が劣ります。
事業としての成熟度が低い印象になる可能性があります。

4.仕事用メールアドレスは独自ドメインのアドレスがおすすめ

ドメインとは、WebページのURLや、メールアドレスの「@」以降の文字列のことです。
独自ドメインを取得すれば「@」以降に自分の好きな文字列を入れることができます。

独自ドメインは、費用を払って作成することになります。
そのため、独自ドメインのWebサイトやメールアドレスを持っていれば、事業に対する本格度が高く伝わります。
 
独自ドメインについての詳細や、取得方法は、投稿記事「フリーランスは独自ドメインは必要?」をご覧ください。

5.まとめ

フリーランスとして活動する中で、プライベートと仕事用のアドレスを分ける事は重要です。
スムーズな受注のためにも、仕事用のアドレスについて検討してみては、いかがでしょうか?