フリーランス・SOHO・個人事業主・副業・在宅ワーク 
品質の高いホームページ案件・WEB 案件のお仕事

フリーランス・SOHO・個人事業主・副業・在宅ワーク 品質の高いホームページ案件・WEB 案件のお仕事

お役立ちコラム

品質の高いホームページ案件・WEB案件のお仕事TOPお役立ちコラム「在宅勤務」と「テレワーク」には違いがあるのをご存知ですか?

WEBクリエーターに役立つ情報をお届け

「在宅勤務」と「テレワーク」には違いがあるのをご存知ですか?

働き方改革など、労働の多様化によって『在宅勤務』『テレワーク』という働き方が注目されています。
最近では新型コロナウイルスの影響で、より在宅勤務が社会に広まりつつあります。

それらに関連する、「在宅勤務」「モバイルワーク」「リモートワーク」etc…
といった言葉を聞いたこと、ありませんか?

今回は、色々と混同されがちな、在宅勤務、テレワークに関して紹介します。

1.テレワークとは?

テレワークは「ICT(情報通信技術)を利用し、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方」として、総務省によって定義されている言葉 です。

■ 在宅勤務
自宅で業務をすること。

■ モバイルワーク
外出先で業務をすること。
顧客先に駐在して仕事をしたり、移動中にパソコンやスマートフォンを活用したりしてオフィス外で働くスタイルです。

■ サテライトオフィス勤務
出社する勤務先以外で仕事を行うテレワーク。
勤務先以外のオフィススペースで、パソコンなどの機器を利用して業務を遂行します。
サテライト(衛星)のようにオフィスを設置していることから名づけられています。

他に、関連する勤務として、「リモートワーク」がありますが、これは、離れた場所でする仕事を指します。

2.在宅勤務とは

在宅勤務は「テレワークのひとつとして自宅で仕事をする形態」を指します。

自宅に備えられているインターネット環境からICT(主にクラウドサービス)に接続し、オフィス内の社員や同じ在宅勤務者とコミュニケーションを取りながら業務を遂行します。

自宅で仕事ができる環境は、育児や介護のために家を離れづらい方も仕事に従事することができます。

3.在宅勤務・テレワークのメリット

【体調管理をしやすい】
まず、在宅勤務やテレワークでは通勤から解放されます。
そのため睡眠時間や食事時間に余裕が生まれるため、体調を管理しやすいというメリットがあります。

【時間を有効活用しやすい】
在宅勤務やテレワークであれば、通勤の必要がなかったり、自分に合ったスケジューリングが可能なため、スキルアップのための時間など、有効に使える時間をを確保しやすくなります。

4.在宅勤務・テレワークのデメリット

在宅勤務・テレワークにはメリットが多くあるものの、デメリットも存在します。

【他の情報が入りづらい】
在宅勤務・テレワークはオフィス以外の場所で勤務をすることになるため、場所に関係したデメリットが生じます。
そのひとつとして挙げられるのが「他の情報が入りづらい」ことです。
オフィスで顔を合わせない在宅勤務やテレワークでは、作業関係者全員が情報共有について高い意識を持っていないと、思わぬトラブルを引き起こします。

【情報管理が大変】
仕事で扱う資料の多くは社外秘など、機密扱いの情報です。
業務上、顧客からの情報や資料を預かることもあります。
在宅勤務やテレワークでは機密情報をどのように取り扱うかが問題となります。
在宅勤務で自分のパソコンを使って仕事をするのであれば、パソコンの管理に伴う責任が発生します。

【仕事のON/OFFが切り替えづらい】
自宅に書斎などの仕切られたスペースが無い場合も多く、家族の在宅状況などで仕事モードに入りづらい環境となりやすい傾向があるようです。

【長時間労働になりやすい】
自宅では時間の管理が甘くなりがちなため、長時間労働になりやすくなるので注意が必要です。