【起業・独立支援】フリーランス・SOHO・個人事業・副業・在宅ワーク 
品質の高いホームページ案件・WEB 案件のお仕事

【起業・独立支援】フリーランス・SOHO・個人事業主・副業・在宅ワーク 品質の高いホームページ案件・WEB 案件のお仕事

クリエイター取材

品質の高いホームページ案件・WEB案件のお仕事TOPクリエイター取材複数の業界を経てWeb業界へ 大切なのは相手の本質を見抜く力

実際に仕事をしているクリエイターたちの声をお届け

複数の業界を経てWeb業界へ 大切なのは相手の本質を見抜く力

今回お越しいただいたのは現在フリーランス歴2年で活動中の山田章宏(やまだあきひろ)さんです。
彼は飲食業界、ウェディング業界を経てWeb制作会社に勤務後フリーランスとして働き始めたそうです。
そんな山田さんに、フリーランスの道を選んだ経緯やこれまでの体験などを聞いていきたいと思います。

1.お名前と年齢、Webの経験を含んだ自己紹介をよろしくお願いします。

山田章宏と申します。年齢は今年で33歳になります。
Webの経験はフリーランスとして独立して約2年、その前に約半年間職業訓練校で勉強した後、Web制作会社で1年働いてました。

2.約3年間Webに関わっているわけですが、職業訓練校に入る前は何をされてましたか?

自分は全くの異業種からで、それまで職を転々としてました。
元は飲食系で働いていて、19歳から学校で勉強してから26歳くらいまで、飲食の業界にいました。
そのあとはウェディング業界で接客業とかを1年やってその後、訓練校を経てWeb業界にって感じです。

3.全くの異業種で勤めていて、Web業界に行こうと思ったきっかけとかはありますか?

飲食店の時はWebまではならなくても、ポップやメニュー表のデザインをやらせてもらったりとか、あとはHPの更新、ブログ投稿とかもですね。
ウェディング業界にいたときもその会社はベンチャーでWebに力を入れていたので、ブログの更新や外部業者がSEOを意識していたり、業界が違っても意外と関わっていてそこから興味をもった形ですね。

4.職業訓練校に通い始めて率直にどうでしたか?

やっぱり楽しかったですね。やったことが無いことに挑戦するのは楽しかったですし、何より同じ目標を持った仲間がいたので、大変なこともありましたけどその目標に向かって毎日勉強するのは楽しかったです。

5.実際フリーランスになってから思っていた理想と現実で一致する点はありますか?

元々飲食やっていたので、平日休みの体の流れが出来ていたので、平日に休んで、休日に働いたり、朝ちょっと遅くに起きて、夜まで仕事をしたりそういった面は割と自由に出来ましたね。

6.フリーランスになる前に勤めていたWeb制作会社では、どういったことを担当していましたか?

打ち合わせから開発までほぼ全般ですね。
担当しているお客さんから問い合わせがあった際は、簡単な修正なら対応しましたし、大きい案件でしたら前任の制作者に引き継ぎしたり、新規のお客様は打ち合わせから担当させてもらったり、一通りの業務をやらせてもらいました。

7.案件の規模・難易度によって必要な期間は違うと思いますが、どのくらい掛けていますか?

結構、自分がゆっくり作業するタイプなので2ヵ月くらいかかりますね。
ただ、お客様が短い期間で欲しいみたいなときは理由によっては対応しています。
打ち合わせの段階から気をつけていることなんですが、「何故この方はこれを言ってるのだろうか」と、相手の心理を考えるようにしていて、短納期ならそれに理由があるのかただ単純に早く欲しい、出したいだけなのかを見極めています。

8.フリーランスになって2年経ったわけですが、なったばかりと今では変化はありましたか?

正直、あんまり変わったって言うのはなくてあっという間だったなと、反省点もあればまぁこんなものかと思うこともある感じですね。

9.これまで案件をやってきて苦労したことはありますか?

やっぱり、デザインは難しいなと思っていて自分が思い描いているモノを形作るのも難しいですし、良いデザインが出来たと思ってもお客さんからすれば思っているモノとは違ったりデザインは人によって感覚も好みも違うのでお客さんと自分とユーザーが一致するデザインを作ることに苦労をしますね。

10.自分のイメージ通りに上手くいったとか良かったと思っている案件はありますか?

独立する前後で納品した飲食店の案件ですね。
Webサイトに高級感をだしたいとのことで、いろいろ打ち合わせをして作って、ブログにも力入れて二人三脚で案件を進めていました。
そういったときにコロナがはやり始めました。これまで、テイクアウトは店舗来てから注文されていたので、テイクアウトのサイトを制作したら反響がありました。
これのおかげで、店長さんから有り難い言葉を頂いたり、ブログでもテイクアウトのことを記事にしたらサイトのアクセスが増えてテイクアウトの注文数が増えたりしてHPの力を実感したときに良かったな、良い仕事したなと思っています。

11.仕事はどうやって獲得していますか?

有り難いことに、最初の案件は僕は1年勤めたベンチャーから引き継がせてもらったり、そのときに知り合った人からの紹介とかですね。直接的な案件は人から紹介でもらうことが多くて、自分から営業することは無かったですね。

12.一日のルーティンワークとかを教えてください。

だいたい10時から昼まで仕事して、昼休憩をゆったり取って昼過ぎからまた夕方まで仕事して、お仕事の納期次第では夕食後また仕事をする感じですね。

13.最後にフリーランスをこれから目指す方にアドバイスはありますか?

基本的には自分で発生した問題は解決しないといけなくて、横のつながりもありますけど問題があれば自分で調べて決しないといけないので自己解決能力は身につけた方が良いですね。

14.まとめ

今回は、山田さんにお話を伺いました。
山田さんがフリーランスになった時期は新型コロナウイルスの影響で特に世間が大変な時期だったと思います。
それでも、やっていけたのは勿論山田さんの高い技術力もあってこそだとは思いますが、一番は学ぶこと、新しいことに挑戦することを楽しめる姿勢とこれまで働いてきた業界で身に着けた、お客様の要望の本質を見つける力があったからだと思いました。
どんな業界でも大切になってくることはきっと同じだと思うので、筆者自身も学ぶ姿勢を忘れず、どんなことでも吸収していこうと思いました。