【起業・独立支援】フリーランス・SOHO・個人事業・副業・在宅ワーク 
品質の高いホームページ案件・WEB 案件のお仕事

【起業・独立支援】フリーランス・SOHO・個人事業主・副業・在宅ワーク 品質の高いホームページ案件・WEB 案件のお仕事

クリエイター取材

品質の高いホームページ案件・WEB案件のお仕事TOPクリエイター取材業界未経験からデザイナー兼コーダーへ 夢、追いかけた挑戦を

実際に仕事をしているクリエイターたちの声をお届け

業界未経験からデザイナー兼コーダーへ 夢、追いかけた挑戦を

今回お越しいただいたのは、フリーランス1年目の藤田智恵(ふじた ともえ)さんです。
彼女は、約20年間勤めた会社を辞めてフリーランスの道を選んだそうです。
そんな藤田さんにフリーランスがどんな仕事をしているのか、フリーランスになろうと思った経緯を聞いていきたいと思います。

1.最初にお名前と年齢、Webの経験を含んだ自己紹介をよろしくお願いします

藤田智恵と申します。年齢は秘密です。言えないお年頃ということで
Web経験は、1年半前に職業訓練校で学んだのが初めてです。

2.フリーランスとして活動を初めてどのくらいですか?

2021年3月からフリーランスとして活動しています。

3.フリーランスになる前はどんなお仕事をされてましたか?

フリーランスになる前、訓練校を卒業してからフリーになるまでの間はデザイン会社に勤めていました。さらに前は、機械設計をする会社に勤めてました。

4.そのデザイン会社では、訓練校で学んだことは活かすことが出来ましたか?

お仕事としてはデザイナーとコーダーで分けられていて、自分はデザイナーとして入社してたので活かすことは無かったですが、学んで得たスキルのおかげで入社をすることは出来ました。
デザインも訓練校で勉強する機会はありましたが、グラフィックデザイン寄りの会社だったのでWebデザインとグラフィックデザインで必要な知識が違ったのでそこが活きることは無かったです。

5.デザイン会社を辞めて、フリーランスになろうと思ったきっかけを教えてください。

もともとCADをやっていて、建築科出身だったんですよ。それでデザインとかデッサンとかやっていたんです。
大学卒業後に勤めたのは親戚関係の機械設計の会社でした。
CADで金型だったりロボットだったり車のパーツをつくったりっていうのを20年くらいやってて、一生これで働くくらい勤めてたんですけど、その会社の先輩といつも語り合ってて「いつか、独立したい」「何かわからないけど独立しよう」と思ってました。
思いが先にあってたまたま、Web系の職業訓練校に出会ったので今こういう感じになってます。

6.Web系の職業訓練校と出会って、通い始めたわけですが、なぜ卒業後は即フリーランスではなく一度デザイン会社に就職をしたんですか?

デザインは独学では学べないと思ったんです。
プログラミングは訓練校のおかげで学び方を学んだので、何とかなると思ったんですがデザインは、特にグラフィックデザインが入ってくると一人で学んでいくことは無理だと思って就職しました。

7.デザインに今まで活動が寄ってますが、今後のフリーランスとしての活動もデザイン1本にしていくつもりでしょうか?

デザインだけは厳しいと思っているので、フリーランスになってから頂いた案件はプログラミングもつけてます。
久しぶりのコーディングですが、やっていると楽しくなりますね。

8.フリーランスになってからのお仕事は、どうやって獲得してますか?

フリーランスになってから営業は一切やってないです。
設計会社にいた時代に、私の仕事ぶりから信用してくれた人たちから紹介を頂いたり、そのお客様からの紹介からです。
有り難いことに、年内の予定が全部埋まるくらいにはお仕事頂いてます。

9.案件を受けるときの価格はどうやって決めてますか?

だいたいの相場を調べて、私はそれより安めに値段は決めてます。
やっぱり会社に所属して思ったのは会社の組織力には勝てないなと思ったのと、さらに駆け出しの私に任せて頂いてるので。

10.サラリーマン時代と比べて、生活面や精神面での変化はありましたか?

生活面も精神面も全く違いますね。
まず自分ですべて決める点ですね。昼寝するのか、仕事するのかそういったことまで、自分で決断することが一番の違いですね。

11.最後にデザイナーになりたいよって人に向けてこんなことやっておくと良いよってことはありますか?

先日たまたま中学生のデザイナーになりたい子から進路に迷ってて部活もどうするか相談されて、そのときは美術部に入っておくこと、芸大に目指せるとなおよしとは伝えました。

12.まとめ

今回は藤田さんからお話を伺いました。
20年間働いた、設計会社から一転してWeb業界に踏み入れて、昔からの夢だった独立することを達成し、年内の予定が埋まるほどの案件を獲得し軌道に乗せることが出来つつあるのは、これまでの藤田さんが誠実にフリーランスになる前に勤めていた会社で働いていた積み重ねだったと思いました。
どこで誰が見てくれているか、何が次に繋がるのか分からないとお話を聞いて感じたので、筆者自身も自分の能力を伸ばすために常に挑戦し続けたいと思います。